海外の反応 【ヴィンランド・サガ SEASON2(2期)】第3話 トルフィン幸せになって欲しい…

海外の反応
ヴィンランド・サガ SEASON2(2期)第3話 「蛇」あらすじ
スポンサーリンク
ケティルの息子オルマルが一人前になるため、農場の用心棒である「客人」たちは通過儀礼としてオルマルに「殺しの経験」を積ませようとする。
ある朝、悪夢にうなされて起きたトルフィンと農場での生活に希望を見出し始めていたエイナルの前に客人たちが現れる。

1. 海外の反応
あの野郎が顔面パンチを食らってスカッとした!
2期の中で最高のエピソードだった


2. 海外の反応
キツネ野郎は本当にイライラさせられたし、あのパンチは当然だ(歯も何本か折られた)
蛇の良い登場回になったな


3. 海外の反応
俺の夫の蛇好き


4. 海外の反応
Great episode!
パンチとスライスされるトルフィンのアニメーションは素晴らしかった


5. 海外の反応
トルフィンがあの連中を全員○すのかと思ってた


6. 海外の反応
>>5
そんなことして何になるんだ?重要なのはエイナルを仕事に戻すこと
わざわざ10人の仲間と戦うよりも、オルマルに○させるのが一番手っ取り早くて簡単だ


7. 海外の反応
オルマルはすでに俺のお気に入りキャラになったわ、暗いシリーズ(これはいいこと)に彼がもたらすコメディの明るさは楽しい
なんとなくアシェラッドを思い出す


8. 海外の反応
>>7
俺も好き、彼は人を○すことの重みを真に理解している
彼はその行為をしていないときでさえ恐怖で震えていた、以前は戦争で戦って自分の栄光を手に入れるという子供じみた考えを持っていたが、戦争はそんなものではないと彼はその現実を学んでいる


10. 海外の反応
生きててよかったと思ったことがないって話すトルフィンが悲しすぎる…


スポンサーリンク

11. 海外の反応
トルフィンはもう生きる意味がないと言ってたが、そうする理由を探そうとしているように見えるなぁ


12. 海外の反応
なんの夢を見たんだろう


13. 海外の反応
アニメでトルフィンの精神状態を上手く表してて驚いた、あとトルフィンとエイナルの関係もとても好き


14. 海外の反応
>>13
最初のエピソードからトルフィンが壊れていることは明らかだったけど、彼がどれほど傷ついているのかがよく分かったね


スポンサーリンク

15. 海外の反応
>>14
最も印象的だったのはエイナルの解放と引き換えに、自分を斬っていいと護衛に告げたシーン
その目つきだけで、彼の気持ちが伝わってきた


16. 海外の反応
>>その目つきだけで、彼の気持ちが伝わってきた
この作品の目へのフォーカスが好き
トルフィンが多くを語らないときでも、多くの感情を伝えてくれる


17. 海外の反応
エイナルがおしっこするシーンでもディテールが沢山あって凄い、これぞまさにピークランドサーガ


18. 海外の反応
>>17
湯気のこと?素晴らしかったなlol


19. 海外の反応
流れるようなアニメーションと、エイナルの小便から発せられる湯気はスタジオMAPPAに期待してたクオリティ


20. 海外の反応
マジであっという間に終わったんだが


21. 海外の反応
今のテンポ好きだけど、また一週間待たなければいけないのが辛すぎる
ほんと次のエピソードへの展開が素晴らしい


スポンサーリンク

myanimelist.net/anime/49387/


3話の評価:Excellent:92.66% Great:3.57% Good:0% Mediocre:0% Bad:3.57%(28票)
MAL
の登録者数:225,585→264,205→279,622
3
話までの平均スコア(1/24時点)MAL

1話:8.60点2話:8.86点3話:8.82点
    

コメント

  1. めっちゃ一気見してみたい、、

    10
    2
  2. 翻訳ありがとうございます

    このスローペースで大丈夫か?と思ったけど好評でなにより(´;ω;`)

    11
  3. 殺したければ殺せと言うと本当に殺してくるこの頃のヴィンランド・サガの人間描写は秀逸だったのを思い出した
    トルフィンの絶望と失望なんてあの場にいる人には誰にも分からないし、狐の言う人間は死を恐れるものというのも分かるんだよね

  4. 小便の描写で褒められるアニメなんて滅多にないなw

  5. みんな作画には思う事無いの?引きのシーンとかだいたい酷いんだけど
    不滅のあなたへもコロナ過の影響か作画が酷いし残念でならない

    5
    23
  6. 戦士が扱う商品は“死”だ
    どんな奴でも死ぬのはこわい
    こわいからこそ死に価値がある

    キツネの言葉↑が、今となってはしみじみよくわかる
    人々を死(戦争)でビビらせて、新古品兵器の定価での爆買いを納得させる
    ミツネの姿はどこぞの政府みたい
    (あくまで個人のカンソーです)

    4
    4
  7. 奴隷編終わったら、次は全部暴力で解決するよね

    「不殺」ならるろうに剣心とかガンダムSEEDのキラ・ヤマトでもうやってるんで…
    (信者が痛いのは一緒)

    デカ男の「心は乙女」とか、バイキングの時代じゃ迫害どころか殺されても文句ないレベル。

    もう終わりだよこの作者


error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました